ここが自慢!

柴田の杵はすべて手作り・手仕上げ

当工房の杵は手道具による手作り・手仕上げで、丁寧に作っています。カンナ(鉋)やノミ(鑿)などの昔ながらの手道具を使っています。仕上げはカンナで手削り杵の頭部分も柄も手ガンナで丁寧に仕上げ削りをしています。サンダー(紙やすり)の仕上げとはツヤが違います。